みてアートとは


みてアートが描く西淀川の未来

人口およそ10万人を有する西淀川区は、町工場が集積する関西でも有数の工業地帯として発展してきました。大気汚染が深刻化し、「公害のまち」と 呼ばれた 時代を経て、現在は「ものづくりの町」と「住まいの町」が一体となった新たな魅力をもつ町として歩んでいます。

そんな西淀川区で暮らし、働く人たちがアートをきっかけに交流するイベントが「みてアート」です。 西淀川区の中心地・御幣島をメイン会場に、 2013年 から毎年秋に開催しています。第4回となる2016年は、80点の作品を展示し、のべ2,200人が会場を訪れました。西淀川区の未来を担う子どもたち が、アートと触れ合えるワークショップも開催し、たくさんの参加がありました。

第5回目の今年は、これまでよりも区民参加イベントの想いを強めた展示・イベントを開催したいと考 えております。そして、いつかはニューヨーク・ブルックリンの下町ブッシュウィックのように、アートをきっかけにしてさまざまな人が集う地になる ことを目指します。

みてアート2017(御幣島芸術祭)

主催:みてアート実行委員会

後援:西淀川区役所(予定)

協賛<2016年度>:
セブン-イレブン西淀川税務署前店
HOUSeNJOY おおばこうむてん
毎日新聞西淀川販売所
あおぞら財団
国際ライフパートナー株式会社
一信ジャパン
江崎グリコ株式会社
スモカ歯磨株式会社
NPO法人西青会
太平段ボール工業株式会社
野村興産株式会社
株式会社PTS

協力<2016年度>:野里本町商店街、野里住吉神社

事務局:公益財団法人公害地域再生センター(あおぞら財団)
〒555-0013大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4F
TEL:06-6475-8885 FAX:06-6478-5885